私たちは、真のプロフェッショナル集団として、お客様をサポートします。
法人税や消費税について
Eについての質問&回答集

DB‐197
【問】弁護士等に100万円を超える報酬・料金を支払う場合、100万円までの部分は10.21%、100万円を超える部分は20.42%といういわゆる二段階税率が適用されますが、次のような場合、適用税率はどのようになりますか?
①160万円の報酬を2回に分けて80万円ずつ支払う場合
②契約上1回の支払金額が80万円の2口の契約をまとめて160万円支払う場合
【答】①原則的には、二段階税率によるべきですが、実際には、80万ずつ支払われますので、10.21%の税率を適用しても差し支えありません。
②原則的には、80万円ずつの2口について、それぞれ10.21%の税率によるべきですが、実際に支払われる金額160万円について二段階税率を適用しても差し支えありません。

二段階税率を適用する基準とされる「同一人に対し1回に支払われる金額」とは、原則的には同一人に対し1回に支払うべきことが確定している金額になっていますが、源泉徴収制度を簡素化するため、現実に1回に支払われる金額によっても差し支えないとされています。  ただし、1回の支払金額から一定の金額を控除した残額を源泉徴収の対象とするいわゆる基礎控除方式がとられている特定の報酬・料金については、このような処理は認められません。


<免責事項>
※当Q&Aの掲載内容は、一般的な質問に対する回答例であり、個別の案件につきましては、専門家にご相談ください。
※当Q&Aの内容は、作成時の法令等を基に作成しております。このため、当Q&Aの内容が最新の法令等に基づいているかどうかは、利用者ご自身でご確認ください。

メンバー紹介
四谷ビジネスコンサルティング株式会社
〒102-0085
東京都千代田区六番町7番地4
六番町学園通ビル
TEL:03-3234-7199
FAX:03-3234-9024