私たちは、真のプロフェッショナル集団として、お客様をサポートします。
法人税や消費税について
法人税についての質問&回答集

DB‐9
【問】役員辞任の前日に退職金を支払っても良いですか。
【答】退職の事実がなければ、前日に支払った金額は退職金とは認められないと思います。ただし、前日に支払った金額を仮払金とし、辞任した日に退職金に振り替えて会計処理することは認められると思います。ちなみに、退職と同日に支払うものは認められます。

仮払金処理する場合、実務上、以下のようにしたら良いのではないでしょうか。
①辞任の届けは前もって提出され、退職日を明記する。
②取締役会で承認された役員退職金規定に基づき金額が決定されている。
③仮払金として支払った際に、領収書も仮払金として入手する。
④退職日付で仮払債権と退職金との相殺をする領収書又は覚書を交わす。
⑤後日、すぐに退職金を株主総会で追認する。

(参考法令)法基通9-2-28


<免責事項>
※当Q&Aの掲載内容は、一般的な質問に対する回答例であり、個別の案件につきましては、専門家にご相談ください。
※当Q&Aの内容は、作成時の法令等を基に作成しております。このため、当Q&Aの内容が最新の法令等に基づいているかどうかは、利用者ご自身でご確認ください。

メンバー紹介
四谷ビジネスコンサルティング株式会社
〒102-0085
東京都千代田区六番町7番地4
六番町学園通ビル
TEL:03-3234-7199
FAX:03-3234-9024