私たちは、真のプロフェッショナル集団として、お客様をサポートします。
法人税や消費税について
法人税についての質問&回答集

DB‐183
【問】当社は、このたび、ISO規格(ISO9000)を取得しました。取得に係る申請、登録、審査費用はどのように取り扱えばよろしいでしょうか?資産計上すべきでしょうか?
【答】取得に係る各費用は、支出した日の属する事業年度の損金となります。

 ISO9000規格は、国際標準化機構(ISO)によって制定された、品質システムに関する国際規格であり、当該規格の取得は法人の品質保証体制が一定の基準を満たしていることを意味します。ISO9000規格の性質は、以下のように考えられます。①譲渡することができず、取得によって超過収益力が生ずるものとは認められない。②法律に基づく独占的な権利ではない。③ISO9000の取得には、品質システムの具備に関する広告宣伝という要素がある。④規格取得後も毎年、適合の有無の審査が求められることから、繰延資産には該当しないと思われる。 これらの性質から、ISO9000規格の取得に係る各費用は、その支出した日の属する事業年度の損金の額に算入することとなります。


<免責事項>
※当Q&Aの掲載内容は、一般的な質問に対する回答例であり、個別の案件につきましては、専門家にご相談ください。
※当Q&Aの内容は、作成時の法令等を基に作成しております。このため、当Q&Aの内容が最新の法令等に基づいているかどうかは、利用者ご自身でご確認ください。

メンバー紹介
四谷ビジネスコンサルティング株式会社
〒102-0085
東京都千代田区六番町7番地4
六番町学園通ビル
TEL:03-3234-7199
FAX:03-3234-9024