私たちは、真のプロフェッショナル集団として、お客様をサポートします。
法人税や消費税について
法人税についての質問&回答集

DB‐222
【問】当社は設計会社ですが、提出期日の社長の急病により消費税確定申告書に押印ができず、提出が2日遅れてしまいました。納付は期限内にしておりますが、無申告加算税は免れ得ないでしょうか?
【答】事実関係にもよりますが、社長の急病という正当な理由により、無申告加算税は課されないものと思われます。通則法66条1項ただし書は、期限内申告書の提出がなかったことについて正当な理由があると認められる場合には、無申告加算税を課さない旨を規定していますが、「正当な理由」とは、期限内申告書を提出しなかったことについて納税者の責めに帰すべき事由がなく、制裁を課すことが不当と評価されるよう場合を言うものを解されます。具体的には、災害、交通・通信の途絶等、その他期限内に申告書を提出できなかったことについて、真にやむを得ない事由がある場合が該当します。
 また、正当な理由でなく、単に申告書の提出を失念した場合でも、申告期限から2週間以内の申告であれば、無申告加算税は課されません。

なお、この適用を受けられるのは、
①期限後申告書の提出があった日の前日から起算して5年前の日までに、無申告加算税又は重加算税が課されたことがなく、
②当該期限後申告書に係る税額の全額が法定納期限までに納付されていた場合です。


<免責事項>
※当Q&Aの掲載内容は、一般的な質問に対する回答例であり、個別の案件につきましては、専門家にご相談ください。
※当Q&Aの内容は、作成時の法令等を基に作成しております。このため、当Q&Aの内容が最新の法令等に基づいているかどうかは、利用者ご自身でご確認ください。

メンバー紹介
四谷ビジネスコンサルティング株式会社
〒102-0085
東京都千代田区六番町7番地4
六番町学園通ビル
TEL:03-3234-7199
FAX:03-3234-9024