私たちは、真のプロフェッショナル集団として、お客様をサポートします。
法人税や消費税について
Cについての質問&回答集

DB‐112
【問】個人がゴルフ会員権を譲渡しました。当初の取得価額は2600万円(借入金の利息込み)ですが、譲渡直前時に1口が2口に分割され、そのうち1口を譲渡しました。1口分の取得費はいくらですか?
分割時の条件として、分割の前後を通じて施設利用権を行使できること、旧契約の預託金を新契約の預託金に引継ぐこととなっています。
【答】当初の取得価額2600万円の1/2の1300万円が、1口分の取得費になります。なお、分割にあたり預託金の一部返金がある場合には、返金額を控除した後の金額の1/2が取得費になります。

(参 考)
★ゴルフ会員権を譲渡した場合の取得費に算入する借入金利子について
ゴルフ会員権を取得するために借り入れた借入金の利子のうち、その会員権の取得のための資金の借入日から使用開始日までの期間に対応する部分の利子は取得費になります。
※「使用開始日」とは次のとおり、権利行使が可能となった日をいいます。
・オープン前のゴルフ会員権を取得した場合
 ゴルフ場がオープンした日(オープン前に譲渡した場合は譲渡の日)
・オープン後のゴルフ会員権を取得した場合
 ゴルフ会員権(会員資格)を取得した日


<免責事項>
※当Q&Aの掲載内容は、一般的な質問に対する回答例であり、個別の案件につきましては、専門家にご相談ください。
※当Q&Aの内容は、作成時の法令等を基に作成しております。このため、当Q&Aの内容が最新の法令等に基づいているかどうかは、利用者ご自身でご確認ください。

メンバー紹介
四谷ビジネスコンサルティング株式会社
〒102-0085
東京都千代田区六番町7番地4
六番町学園通ビル
TEL:03-3234-7199
FAX:03-3234-9024