私たちは、真のプロフェッショナル集団として、お客様をサポートします。
法人税や消費税について
Bについての質問&回答集

DB‐37
【問】当社は、不動産賃貸管理を行っていた店舗の営業を他法人に売却しました。全て課税売上になりますか。
【答】売買契約書を見ないと詳細は判明しませんが、譲渡した資産の内容によって、課税対象を区分します。賃貸管理物件などの引継ぎによって今後収益がもたらされる、いわゆる営業権は、消費税の課税取引となります。債権については、非課税取引となります。いずれにしても、消費税の課税資産と非課税資産が混在しているものと予想されますので、専門家に相談することが望ましいと思われます。 営業権については、タクシー業のナンバー権のように、法令の規定、行政官庁の指導による規制に基づく登録、許可、認可、割当て等に基づく権利も含まれます。

(消費税基本通達5-7-8)


<免責事項>
※当Q&Aの掲載内容は、一般的な質問に対する回答例であり、個別の案件につきましては、専門家にご相談ください。
※当Q&Aの内容は、作成時の法令等を基に作成しております。このため、当Q&Aの内容が最新の法令等に基づいているかどうかは、利用者ご自身でご確認ください。

メンバー紹介
四谷ビジネスコンサルティング株式会社
〒102-0085
東京都千代田区六番町7番地4
六番町学園通ビル
TEL:03-3234-7199
FAX:03-3234-9024